加藤嘉八郎酒造【庄内地方】

明治5年(1872年)。今では数軒の酒蔵を残すのみとなった大山の町を代表する酒として「大山」と命名されました。「加藤嘉八郎酒造(かとうかはちろうしゅぞう)」は、『水良し米良し気候良し』3拍子そろった山形県庄内の酒造会社。豊臣恩顧の大名・熊本53万石の熊本城主・加藤清正の流れを汲む歴史ある酒蔵でもあります。
10