大浦葡萄酒

創業は1939年。古くから良質のぶどう栽培地として名が知られていた南陽市赤湯。初代(故・大浦九一郎)が自然の恵みをうけた赤湯のおいしいぶどうで葡萄酒作りを始めたのがはじまりです。小さなワイナリーですが、量よりも質を優先し、自信を持ってお薦めできる、地元産ぶどうで造るおいしい地ワイン造りに励んでいるワイナリーです。
2